ここからグローバルナビゲーション

Wellness Finder 症状や気になるキーワードを入力してください。

  1. TOP
  2. WATASHI Life
  3. Vol.12 脱水症状、その前に
ここからメインコンテンツ

脱水症状、その前に

身体の水分が一定以上不足するとなる脱水症状。
年齢を重ねると、気づかぬうちに陥りやすくなる症状のひとつです。水分不足によって血液がドロドロになった身体は、ともすれば深刻な事態に。屋外で汗をかくときはもちろんですが、日常の暮らしでも意識して予防を心がけましょう。

なぜ年齢を重ねるとなりやすい?

年齢とともに身体的機能にさまざまな変化が表れ、身体の水分量が減ることが大きな要因のひとつです。高齢になると喉の乾きを感じにくいこともあり、自覚症状が出るのも遅れがち。常用薬として利尿薬や下剤を服用されている方、日ごろから水分補給の少ない方は特にご注意ください。また、歩行やトイレにサポートを必要とされる方は、トイレの回数を減らそうという気遣いから水分を控えてしまうことがよくありますので、周りの方が意識してあげましょう。

予防のためにできること

脱水症状を予防するためには、1日2ℓ以上を目標に水分を摂ることが望ましいとされています(持病などで通院中の方は医師にご相談ください)。とはいえ、一度に多量に水分を摂るのは難しく、また心理的に負担になりかねません。生活の中で無理なく少しずつ多くの水分を摂取できる方法を考えてみましょう。

○○したら、水分補給。
食後、起床時や就寝時、入浴後など、何かしたら水分補給という習慣を意識的に。介助を必要とされている場合、遠慮なく水分を摂れる環境を周りがつくってあげてください。
ティータイムを習慣に。
たとえば午後に必ずお茶の時間を設ければ水分補給にも、心身のリラックスにもなります。カフェインのない、冷たくない飲み物が理想的です。
水分の多い食べ物を。
野菜や果物など、水分の多い食べ物からも水分補給できます。その他、お味噌汁、シチューなども水分多め。またお菓子もゼリーやヨーグルトにすると比較的水分が摂れます。液体状のものを飲み込みにくい方は、トロミをつけたり、ゼリー状にしたりして、特に意識的に水分を補ってあげてください。

こまめなチェックで早期対応を

予防はもちろん、いざというとき早めに気づけることも大切です。
以下に簡単なチェックポイントをまとめました。

  • 唇、舌、口の中が乾いていないか?
  • 皮膚の乾燥、弾力の低下はないか?
  • 全身の倦怠感、だるさはないか?
  • ここ数日、下痢や嘔吐などはなかったか?

症状に気づいたら、まずは水分と食事の摂り方の見直しを。ひどいときは点滴などが必要な場合もありますので、医療機関に相談してください。特に汗をよくかく夏は、いつのまにか脱水症状が進んでいた、ということになる前に、こまめなチェックで、先まわりの対策を心がけましょう。

(2010年8月)
編集:インフォルムス
Family Vol.12
WATASHI Life 08