ここからグローバルナビゲーション

Wellness Finder 症状や気になるキーワードを入力してください。

  1. TOP
  2. WATASHI Life
  3. Vol.10 食中毒を予防するために知っておきたい3つのルール
ここからメインコンテンツ

食中毒を予防するために知っておきたい3つのルール

梅雨の季節を迎えると、食中毒に関する情報をよく目にしますが、
具体的に注意すべきことは、いったい何なのでしょうか?
家族みんなを食中毒から守る方法を覚えておきましょう。

食中毒予防の3原則を生活に取り入れましょう

食中毒とは、原因物質である細菌、またはウイルスがついた食品を食べたことにより起こる健康被害のことを言います。主症状は胃腸障害(嘔吐、腹痛、下痢など)であり、抵抗力の弱い人(お子さんや高齢者など)は重症に至るケースもあります。梅雨が始まる頃から残暑の続く9月くらいまでが、湿度・温度ともに細菌が増殖しやすい気候に当たるため、食中毒の件数が集中してしまうのです。

なんだかとっても怖い存在の食中毒ですが、予防するための3原則をしっかり実行していれば、未然に防ぐことは可能です。それは食中毒の原因となる菌を「つけない」「増やさない」「殺す」ことです。

この3つの原則を日々の生活へどのように取り入れていったらよいのか、詳しくチェックしてみましょう。

1.細菌を「つけない」ためにやっておきたいこと

洗う

食卓につく前や調理前には、石けんを泡立てて、手首から先を入念に洗い、流水で充分に洗い流します。さらに卵、生の肉や魚を触ったあとも、手指を石けんで洗います。調理の途中で鼻をかんだり、おむつを交換したあとの手洗いも重要です。買ってきた野菜類も流水でしっかり洗いましょう。

消毒と乾燥

肉や魚を切ったあとのまな板は、よく洗い熱湯をかけてから、次の食材にとりかかりましょう。同様に、調理後の包丁、食器、まな板などは、洗ったあとに熱湯をかければ消毒が出来ると同時に、水切れがよくなり乾燥効果が期待できます。たわしやスポンジは煮沸したり、フキンは漂白剤に一晩漬けるのもおすすめです。さらにタオルやフキンは乾いて清潔なものを、常に配置するようにします。濡れたまま放置するのは避けましょう。

2.細菌を「増やさない」ために知っておきたいこと

買い物をするときの注意点

生鮮食品は鮮度のよいものを選び、消費期限もチェックします。そして肉や魚は購入後すぐに帰宅して、冷蔵庫へ入れましょう。魚の水分や肉汁がもれたり、生野菜についたりしないように、それぞれビニール袋へ入れることも重要です。

調理中、やってはいけないこと

調理する前の食材や、作ったあとのおかずを、室温で長時間放置してはいけません。O157は室温の状態で15~20分放置すると、菌が2倍に増えます。同様に、作っている途中でその場を離れるのも避けましょう。

次に、冷凍した食材を室温で解凍するのもいけません。食中毒菌が増える場合があるからです。解凍は冷蔵庫、または電子レンジで行います。

最後に、調理中の肉汁や魚の水分が、サラダ用の野菜、またはできあがったおかずに触れないように気をつけます。菌が増える原因になるからです。

冷蔵庫は万能ではない

冷蔵庫や冷凍庫は菌が増える早さを抑えるだけであって、除菌してくれるわけではありません。正しく冷蔵庫を使って、菌が倍増しないように気をつけましょう。

  • 冷蔵するものは容量の70%以内にする
    (詰めすぎは庫内の温度上昇につながります)
  • 冷蔵庫は10℃以下、冷凍庫は-15℃以下で設定を
    (細菌の増殖がゆっくりになるのが10℃、停止するのが-15℃)
  • 開閉は素早く

以上の項目を配慮して、買ってきた食材は早めに使い切るようにします。

3.細菌を「殺す」ために実行したいこと

加熱を十分にする

万が一、食材に食中毒菌がいたとしても、十分加熱すれば菌を殺すことが可能です。目安としては75℃以上で、1分間以上加熱します。

調理済み食品を過信しない

調理済みの食品だから大丈夫と過信して、短時間で簡易に温めるのは避けます。こちらも75℃以上で1分間以上加熱することです。電子レンジを使う場合、温まりにくいものであれば、時々かき混ぜたりして、まんべんなく十分に加熱することが大切です。また少しでも怪しいと感じたら口にせず、処分しましょう。

(2010年6月)
編集:インフォルムス
Family Vol.10
WATASHI Life 06