ここからグローバルナビゲーション
  1. TOP
  2. セルフケア製品の情報
  3. セルフメディケーション税制
ここからメインコンテンツ

セルフメディケーション税制 2017年1月スタート!

従来の医療費控除制度の特例として、2017年1月から新たに<br>「セルフメディケーション税制」が施行されます。対象となるOTC医薬品の年間購入額が「12,000円」を超えるとき、その超えた部分の金額(上限金額:88,000円、生計を一にしている家族の分も含まれます)が対象となります。これまで、医療費の合計が10万円を超えることがなかった方でも、セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)の適用を受けられる可能性があります。従来の医療費控除制度とセルフメディケーション税制(医療費控除の特例)を同時に利用することはできません。

本特例措置を利用する時のイメージ

詳しくは厚生労働省ホームページでご確認ください。

「エーザイ」の税控除対象品はこちら!

  • 胃もたれ、胸焼け、胃痛などのつらい症状に
  • セルベール
  • 新セルベール整胃
  • サクロンQ
  • 鼻づまり、鼻みずの症状に
  • スカイナーAL錠
  • 目や肩や腰などのつらい症状に
  • ナボリンEB
  • ナボリンS
  • ナボリン フェルビナク70
  • 動悸、息切れに
  • ユビテンS

※2017年1月以降、税控除対象品マークの入った
新しいデザインへ順次変更いたします。

K(1)601

税控除対象品の臨床結果

  • 胃もたれ、食欲不振に セルベール
  • 胃炎による腹部愁訴をお持ちの方に、セルベールを「2週間」服用いただいたときの症状改善率です。(「著明改善」と「改善」と「軽度改善」の割合)
  • 胃もたれ 86.4% 食欲不振 92.7% 胸やけ 86.4%
  • 眼精疲労、肩こりに ナボリンS
  • 筋肉痛や関節痛(肩こり、腰痛、五十肩など)、神経痛の諸症状をお持ちで、医療機関を受診した患者様を対象に、ナボリンSを4週間服用いただいた結果、下記の症状改善が見られました。(「改善」と「軽度改善」の割合)
  • 肩こり 67% 腰痛 67% 神経痛 75% 五十肩 60%
  • 眼精疲労の症状をお持ちで、医療機関を受診した患者様を対象に、ナボリンSの臨床試験を実施しました。(「改善」と「軽度改善」の割合)
  • さしこみ、胃痛、はきけに サクロンQ
  • 軽度な急性胃炎症状(胃痛、腹痛、さしこみ、胃酸過多、胸やけ、はきけ、嘔吐、胃部不快感)をお持ちの患者様に「サクロンQ」を服用いただいたときの症状改善率です。(「著明改善」と「改善」と「軽度改善」の割合)※服用機関は、原則として連続2日間、最長7日間。
  • さしこみ 98.1% 胃痛 93.7% はきけ(悪心) 94.8%
  • 鼻づまり、鼻みずに スカイナーAL錠
  • 気管支喘息、アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、湿疹・皮膚炎、アトピー性皮膚炎、皮膚掻痒症、痒疹と診断された軽度な患者様に「スカイナーAL錠」を服用いただいたときの症状改善率です。(「著明改善」と「改善」と「やや改善」の割合)
  • アレルギー症鼻炎 94.4% 蕁麻疹 98.1% 湿疹・皮膚炎 98.5%