ここからグローバルナビゲーション
  1. TOP
  2. セルフケア製品のよくあるご質問
  3. ナボリン内服薬シリーズ(メコバラミン主剤:のみ薬)ご質問一覧
  4. 詳細
ここからメインコンテンツ
ナボリン内服薬シリーズ(メコバラミン主剤:のみ薬)

メコバラミンはどんな成分ですか?

メコバラミンは4種類あるビタミンB12の一種で、神経修復作用を持ち、活性型ビタミンB12と呼ばれています。
メコバラミンは4種類あるビタミンB12の中でも、体内で利用されやすく、末梢神経に直接作用する活性型のビタミンB12です。
メコバラミンは、痛みやしびれを伝えている末梢神経に作用し、障害を受けたり、傷ついた部分を修復し、肩こりや腰痛のつらい痛みやしびれ感を緩和します。
メコバラミンは、末梢神経の構成成分であるタンパク質やリン脂質の体内での生成を促進し、傷ついた末梢神経を修復します。