ここからグローバルナビゲーション
  1. TOP
  2. セルフケア製品のよくあるご質問
  3. ナボリン内服薬シリーズ(メコバラミン主剤:のみ薬)ご質問一覧
  4. 詳細
ここからメインコンテンツ
ナボリン内服薬シリーズ(メコバラミン主剤:のみ薬)

ナボリンSには、どんな成分が配合されていますか?(ナボリンS)

ナボリンSには、腰痛・肩こりの3大原因を改善する成分が配合されています。

メコバラミン痛みを伝える末梢神経の構成成分であるタンパク質とリン脂質を体内で合成し、末梢神経の傷を修復して、腰痛・肩こりを改善します。
ビタミンE血管中を血液が通りやすくして、疲労物質を運び出し、酸素と栄養分を運びやすくします。
ビタミンB1エネルギー産生反応を促進して、筋肉細胞などにエネルギーを与えます。
ビタミンB6アミノ酸やタンパク質代謝に関わり神経伝達物質の働きを調整し、末梢神経の機能維持に役立っています。
葉酸メコバラミンと協力することで、末梢神経修復作用を強化します。

以上の成分が次に示す腰痛・肩こりの3大原因に効果を示します。

  1. 「筋肉の疲労」筋肉に疲れがたまって、筋肉が硬直を起こす。

    :ビタミンB1が有効

  2. 「血行不良」血管が圧迫されて、血行が悪くなる。

    :ビタミンEが有効

  3. 「末梢神経の傷」末梢神経が圧迫されて、傷つく。

    :メコバラミンと葉酸が有効