ここからグローバルナビゲーション
  1. TOP
  2. セルフケア製品のよくあるご質問
  3. ナボリン内服薬シリーズ(メコバラミン主剤:のみ薬)ご質問一覧
  4. 詳細
ここからメインコンテンツ
ナボリン内服薬シリーズ(メコバラミン主剤:のみ薬)

葉酸には、どのような作用がありますか?(ナボリンS)

葉酸(ようさん)はビタミンBの1種で、メコバラミンと協力して神経修復作用を示します。
葉酸は、1944年に「ほうれん草」から見つかったビタミンBの1種で、細胞の分裂や成長に欠かせない成分として知られています。
体内でとくに葉酸が必要なのは、赤血球を作るときです。そのため貧血に効くビタミンとして知られています。
最近では、末梢神経への作用も確認され、末梢神経の傷による、腰痛・肩こり、目の疲れに対する効果が注目されています。