ここからグローバルナビゲーション
  1. TOP
  2. 病気や症状の情報
  3. 骨粗鬆症
ここからメインコンテンツ

骨粗鬆症(骨粗しょう症)の予防と治療について ~骨折で寝たきりにならないために 骨ケアフェスタはこちら

骨粗鬆症って、どんな病気?
日常生活で気をつけたいこと
骨の検査と、骨のお薬について
骨粗鬆症は骨が構造的にもろくなって、骨折しやすくなる病気です。
健康な人の骨は、密度が高くて丈夫。
骨粗鬆症の人の骨は、スカスカしてもろい。
骨粗鬆症は骨が構造的にもろくなって、骨折しやすくなる病気です。

背骨がもろくなると、背骨が体の重みでつぶれたり、変形する圧迫骨折がおこりやすくなり、背中が曲がったり、姿勢が悪くなったりします。

その結果、日常生活に支障をきたすことにつながります。

姿勢が悪くなると、内臓への悪い影響(胸やけなど)が出ることがあります。

骨粗鬆症は、女性に多い病気です。
骨粗鬆症は圧倒的に女に多い病気です。閉経を迎える50歳前後から骨量が急激に減少し、60歳代では2人に1人、 70歳以上になると10人に7人が骨粗鬆症といわれています。これは、女性ホルモン(エストロゲン)が骨の新陳代謝に関わっているからです。
その他、年齢や遺伝的な体質、偏食や極端なダイエット、喫煙や過度の飲酒、運動習慣なども骨粗鬆症の原因として考えられており、最近では、若い女性の骨粗鬆症も問題になっています。

なお、他の病気の影響によって骨粗鬆症になりやすくなる場合もあります。

骨粗鬆症による骨折は、「寝たきり」につながります。
介護が必要となった主な原因
2007年の厚生労働省「国民生活基礎調査」によると、介護が必要となった主な原因の9.4%が「骨折・転倒」によるものです。
介護が必要となった主な原因
性・年齢別大腿骨頸部骨折発生率
骨折の中でも特に、太ももの付け根の骨折が「寝たきり」になりやすいといわれており、その骨折の多くは転倒によるものといわれています。特に女性の場合、年齢とともに骨折の頻度は高くなってきます。
女性の年齢別大腿骨頸部骨折発生率
寝たきりとなるリスク
さらに骨粗鬆症は寝たきりになる確率を1.83倍高めます。
年齢が5歳上がる 1.52倍
体の痛みがある 2.54倍
骨粗鬆症がある 1.83倍
認知症がある 3.58倍
骨粗鬆症で1度骨折をおこすと、次々と骨折をおこす危険が大きくなります。
太ももの付け根を骨折したことがある60歳代の女性が、5年以内に再度骨折をする危険性は、骨折をしたことのない女性に比べ、16.9倍も高くなります。
太ももの付け根を骨折したことがある60歳代の女性が、5年以内に再度骨折をする危険性は、骨折をしたことのない女性に比べ、16.9倍も高くなります。
背骨の骨折を一度おこすと、1年以内に5人に1人が再び骨折をおこすといわれています。
背骨の骨折する危険性(%) 1年以内に骨折7% 1年以内に2度目の骨折19%
骨粗鬆症の原因の1つである「年齢を重ねる」ことは避けられません。寝たきりにならず、元気で充実した日常をおくるためにも、普段の生活の中での骨粗鬆症の予防に家族みんなで取り組みましょう。 また、地域等で開催される「骨粗鬆症検診」の受診や、かかりつけの医師に相談してみることも大切です。
豆知識 骨の代謝
骨は毎日、古い部分を溶かし(骨吸収)、新しい骨をつくって(骨形成)生まれ変わっています。
骨が溶かされた(壊された)分を、作りきれなくなると骨粗鬆症になります。
骨吸収 古くなった骨は、新しい骨と入れ替えるために破壊されます。骨形成 新たに骨を成形して、壊された部分を埋めます。
正常な骨では、古い骨の破壊(骨吸収)と新しい骨の形成のバランスが保たれてます。骨粗しょう症の骨では古い骨の破壊(骨吸収)が新しい骨の形成を上回ると、骨粗しょう症になります。
日常生活で気をつけたいこと
あなたの骨折の危険度は?今すぐCheck!
骨の検査と、骨のお薬について