ここからグローバルナビゲーション
  1. TOP
  2. 病気や症状の情報[50音順一覧]
  3. [胃潰瘍]胃潰瘍とは
ここからメインコンテンツ
病気や症状の情報
胃潰瘍 いかいよう

胃潰瘍とは

[どんな病気?]

胃酸(食べものを粥状に消化するために分泌されるもの)がなんらかの原因によって胃粘膜を消化し、胃の壁がただれて傷ついた状態です。40代以降の方にみられるケースが多く、胃の折れ曲がった部分(胃角部:いかくぶ)によくできます。

[病気の原因]

胃は本来、胃粘膜を分泌して、胃酸から壁を守っています。しかし、過労や精神的なストレスなどで自律神経の働きが乱れると、胃酸と胃粘液のバランスがくずれて胃粘膜が傷害されやすい状態となります。その結果、胃酸が胃の粘膜を傷つけて潰瘍ができます。
また、脳や肺、腎臓などの慢性病や、解熱消炎鎮痛薬、抗血小板薬(こうけっしょうばんやく)、抗凝固薬(こうぎょうこやく)などを継続して服用していると胃粘膜バランスがくずれ、胃潰瘍の起きる原因になることもあります。
また近年、ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)という胃酸の中でも生き延びられる細菌が関係しているのだろうと考えられています。

[主な症状]

多いのは食事中や食後に、みぞおちから左にかけて出る鈍い痛みです。ただし痛みの程度は人によってさまざまで、全く痛みを感じない人もいます。また胸やけ、すっぱいゲップ、吐き気などを感じることもあります。
症状がひどくなると、黒褐色の血を吐いたり、コールタールのような黒い便が出ることもあり、その場合には、胃の内部で出血している可能性が考えられます。

[検査や治療について]

バリウム検査や内視鏡検査で潰瘍の有無を確認します。もし潰瘍が見つかったら、次にがん細胞がないか直接組織をとって調べます。がん細胞がなければ、ほとんどは胃酸を抑える薬と食事療法を含む生活指導で治療します。最近は出血をおこしている場合にも効力を発揮する強力な薬がありますので、かつてのように入院や手術の必要な患者さんは減ってきています。しかし、胃に穴があいてしまった場合は、手術が必要になります。
また、ピロリ菌感染が原因の場合は、医師の処方に従った薬剤の服用により除菌を行うことが可能です。

[予防法]

胃酸の過剰な放出を防ぐために、胃に負担をかけない食事を心がけることが大切です。食べすぎ、飲みすぎやタバコの吸いすぎに気をつけてください。また、お薬の中には胃粘膜を傷害するものもありますので、主治医や薬剤師の先生に相談ください。

[受診に適した診療科]

内科、消化器科

病状についてはご自分で判断せず、必ず専門の医師にご相談ください。